「創蓄連携システム」で実現する、家庭電気の自給自足と自然災害への対策

2019年11月より、太陽光発電の固定買取期間が順次満了を迎えます。
太陽光発電を導入して電気を売り始めたのが早かった人から順に、10年間の固定金額買取が終了するということです。
先日とあるテレビ番組にて、11年目以降にグッと下がってしまう買取金額に落胆する人が取り上げられていました。
しかし、落ち込んでいるのもおかしな話です。
なぜかと言うと、理由は2つあります。
まず、固定金額での買取が10年で終了することは始めからわかっていたことでありました。
金額が下がっても買取は続くわけですし、ましてや、すでに固定金額買取が終了する人は、制度が始まった当初の非常に高い単価で売電ができた人たちですので、この10年で十分な利得はあったはずです。
そしてもうひとつの理由は、これから太陽光発電は売電以外に大きな役割を果たしてくれるということです。
それが、「創蓄連携システム」です。

太陽光パネルにおいて発電した電気というのは、発電した都度使用し、余った分は売電をするものです。
それが、この10年間の余剰買取制度でした。
しかし、この「創蓄連携システム」では、「パワーステーション」と「リチウムイオン蓄電池」という機器を導入することで、発電した電気を貯めたり使用したり売電したりと効率よく利用することができます。
例えばオール電化の家庭においては、昼間の電気代が割高で夜間の電気代が割安という契約プランになっています。
仮に東京電力の「夜とく8」プランでは7:00~23:00の間は32.14円、23:00~7:00の間は20.78円です。
この場合に「創蓄連携システム」は次のような動きをします。

・日中は発電した電気を使い、余剰分を蓄電する
・日没から23:00までは、上記で蓄電した電気を使う
・23:00からは夜間の割安の電気を買って使う
・日中の天気が悪くあまり発電・蓄電できない場合は、夜間に割安の電気を蓄電して日中に使う

未来の政策についてはハッキリわかりませんが、原子力発電をなくしていく方向となれば、今後さらに電気代は高騰します。
そんな時が来たら、家庭の電気の多くを自給自足できる「創蓄連携システム」は非常に大きな経済的メリットが生まれます。

さらに、昨今の異常気象・災害の多発している我が国においては、不測の停電時に大きな助けにもなってくれるでしょう。

こんなにも便利な「創蓄連携システム」、もちろん導入するにはコストがかかりますが、冒頭から話題としている人たちは「太陽光パネル」は既に持っているのですから、あと少しの投資でこの大きな利益を享受できます。
落胆することは何もありません。

行方市プレミアム付商品券

毎年恒例、冬の大売出し(パナソニックフェア)開催のお知らせ

関連記事

  1. 【暮らしのお役立ち情報】靴の臭いを防止する靴脱臭…

  2. なめがたエリアテレビ受信対策工事

    2~3年前から始まった「なめがたエリアテレビ放送」ですが、家の立地条件によ…

  3. エアコン取付実施中

    今年の夏も去年に負けず劣らず暑いです。当店もたくさんのエアコンのご注文をい…

  4. パナソニックリフォームオフローラ

    今回は、以前に潮来市にて実施させていただいたお風呂のリフォームの時の写真を…

  5. 【定期おたより】聴力は40代から低下し始める!聞…

  6. 火災がないことを祈る地域消防団恒例の新年行事レビ…

    例年より確実に暖かいと感じる今年ですが、1月11日は、 例年通り消防団恒例…

  7. 【カタログ情報更新のお知らせ】2020年春版の家…

    カタログ情報を更新しました。最新の商品のご案内はこちら!…

  8. 創蓄連携システム

    太陽光発電はまだまだ重要なシステムです。電気は「売る」時代から「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP